大阪の浴室リフォームでバリアフリーにする

大阪で現在、高齢の方がいる場合は、さまざまな場所をバリアフリーにすることを考えている家庭もあるでしょう。バリアフリーのない環境で転倒してしまう可能性があります。しばらく間車椅子の生活を送ると、負傷した部分は回復しても精神的にストレスと感じてしまったという人も少なくありません。そのようなリスクを回避するために、家の中の特に浴室に関しては、バリアフリーを考える人が多いです。
生活に不便を感じ始めてから考える方もいますが、最近では将来的なことを考えて、浴室リフォームの際に合わせてバリアフリーにする方も多いです。小さな子供がいる家庭でもバリアフリーにすることで障害物に躓いたり転倒したりするリスクが下がります。

浴室に潜む危険

浴室には若いときには特に感じなくても、高齢者にとっては危険となる場所があります。まず第一に浴室への出入り口です。高齢になると小さな段差でも辛いものになりますが、ドアを開けて中に入ろうとするとき足元が不注意になります。服を脱いで寒い場合は慌てて中に入ろうとする傾向があり危険です。次に水で濡れた床は大変滑りやすいです。
古いタイル貼りであったり、シャンプーや石けんが床に残っていると気をつけていても滑って転倒しまします。お風呂に入っているときに洗い場や浴槽を何気なくしゃがんだりまたいだりしますが、これらも動作も実は危険です。足腰が丈夫であれば転倒しそうになっても体勢を立て直すことができますが、そうでなければ軽い動作でもバランスを崩してしまうことがあります。昔ながらの深い浴槽を利用している場合は特にバランスを崩しやすいです。
浴室の室内が10度以下になると血管が収縮して血圧が上がってしまいます。その状態で暖かいお湯に浸かると血圧が急低下し脳梗塞などを起こしてしまう危険があります。

大阪で浴室リフォームをバリアフリーにするポイント

浴室内で何かが起こってしまった場合、扉が内側に開くタイプだと外から開きにくくなってしまいます。引き戸や折れ戸にするとよいです。特に引き戸は車椅子の補助が必要なときは便利なのでスペースがあるのならおすすめです。床は滑りやすく転倒しやすいので、滑り止め加工がされていて万が一転倒したときにも衝撃を吸収してくれる素材を選ぶと良いです。
また、石けんなどが直ぐに流れるような構造になっているべきです。適切な場所に手すりを付けることも必要です。出入り口付近、浴槽に入るときまたはでるときに掴まれる位置、更に浴槽に入ったときに手すりが設置されていれば、浴槽に座るときや立ち上がるときに転倒する危険を下げられるでしょう。浴槽の高さはスムーズな出入りができるように30cmから40cm程度に抑えるのが理想です。