キッチンのリフォーム代を抑えたい

キッチンのリフォーム代を抑えつつ、見栄えがいいものにするにはちょっとしたコツがいります。たとえば、キッチンユニットに使われる面材は、価格がバラバラです。天然無垢材は安価な木質ボードと比べると、7倍程度も値が張ることが珍しくありません。見栄えは重要ではありますが、全ての部分に天然無垢材を使用すれば、リフォーム代はかなり高額になるでしょう。だからと言って、全ての部分に木質ボードを使用すると、見た目があまりよくありません。キッチンには見えるところと死角になる部分があります。見えないところにまで高級な面材を使っても意味がありません。見える部分には高級な面材を使い、死角の部分の面材はグレードを落とすと言う工夫をしましょう。これならリフォーム代が高くなりすぎず、かつ見た目もよくなります。コスト削減はとても大事です。

動線のことも考えてキッチンをリフォームしよう

キッチンのリフォームを決断すると、おしゃれなデザインのものがいい、色にもこだわりたいなど、見た目的なことばかり考えがちです。もちろんそれは大事ですが、他にも考えなければいけないことがあります。それは動線です。動線のことをよく考えずにキッチンをリフォームしてはいけません。カウンターを長くすれば、調理スペースが広くなって便利と考える人がいますが、それは間違いです。確かに調理スペースは広くなりますが、その分移動距離が長くなります。使い勝手はあまりよくありません。また、動線は横移動だけではないです。縦方向にもあります。吊り戸棚やオーブン、食器洗い乾燥機などの高さもしっかり考えなくてはいけません。上下の動きが激しくなると、体を傷める可能性が高まります。こう言うことも頭に入れて、リフォーム計画を立てましょう。

キッチンのリフォーム計画を立てるとき

キッチンのリフォーム計画を立てるとき、しっかり考えたいのは動線についてです。多くの人は、デザインや収納の数にこだわりますが、そればかりこだわっていてはいけません。動線は一番重要であると心得ておきましょう。どれだけおしゃれなキッチンを選んでも、動線が悪ければ台無しになってしまいます。しかし、動線はどう考えればいいのでしょうか。ほとんどの人がこれに悩むでしょう。動線を考えるとき、個々の性能に目が行きがちですが、全体で考えなくてはいけません。全体の作業の流れを一から洗い出してみましょう。そうすると、ワークトライアングルや各設備の間をどのように移動するかが理解できます。ただ、素人だけで動線を考えるのは難しいかもしれません。業者など、プロにアドバイスしてもらうことも大事です。遠慮せずどんどん聞きましょう。

キッチンをお得にリフォームしたい方におすすめです。工事費込みの激安価格でリフォームが可能です。 主力商品・サービスの提供に関して、満足いただけるように厳選したものをお選びしてお客様に提供しておりますので安心してご利用いただけます。 これまで別々に運営してきたエアコンやガスコンロなどのサイトをひとつにまとめ、住宅設備の総合情報サイトとして生まれ変わりました。 理想を形にキッチンのリフォーム